日本庭園でやるべき蜂の巣退治と予防

被害を未然に防ぐための対策~日本庭園の蜂対策~ 被害を未然に防ぐための対策~日本庭園の蜂対策~

蜂の巣退治前に基礎知識を身につけよう!

蜂

蜂の巣退治をする前に知っておきたい基礎知識を見ていきます。蜂の種類によって好む環境が異なって危険レベルも変わってくるため、被害を未然に防ぐ知識が不可欠です。

蜂は種類によって営巣場所が異なる

オオスズメバチ
オオスズメバチは閉鎖空間を好むため、土の中や木の根もとに巣作りします。遠くからわかりにくい場所に巣を作るので知らずに近づいてしまうと攻撃されるリスクがあります。また、足音に興奮したオオスズメバチの被害に遭うトラブルもしばしば起きています。
キイロスズメバチ
解放空間、閉鎖空間を問わずに巣作りするため、あらゆるところでリスクがあります。家屋なら床下や屋根裏が危険なので、屋外なら庭木の間や樹木の影に気をつけましょう。巣作りの途中で移動する習性もあって、蜂の巣退治した後も注意しましょう。
アシナガバチ
アシナガバチの巣は都市部でもよく見つかり、庭やベランダ、外壁など、あらゆるところにリスクがあります。スズメバチと比較すると巣の大きさが小さく外側にむき出しになっているため、入り口から幼虫が見え隠れする特徴があります。
ミツバチ
野生のミツバチは天井裏や壁の隙間など奥まったところを好んで巣を作り、数えきれないほどの仲間が同じ巣で暮らしています。ミツバチを見つけたら蜂の巣退治を急がないとどんどん繁殖していって、攻撃されると危険です。

日本庭園でこんな場所に注意しよう!

松の木の割れ目部分や枝が密集した部分が狙われやすく、近くで蜂を見かけた場合は巣がないか確認しましょう。オオスズメバチが木の根元に巣を作ることもあり、巣に気付かずにお客さまが近寄った際に攻撃されると、命の危険も関わってきます。活動期の蜂はちょっとした物音にも敏感に反応して攻撃するため、庭園を横切って店内に入るだけでも危険な場合があります。飲食店でお客さまにもしものことがあっては大変なので、蜂の巣退治を急ぎましょう。

蜂の巣退治を業者に依頼する基準とは

自分で駆除できないケースを把握

松の木の高い場所にある時は難しい(50代/男性)

松の木の高い場所に蜂の巣を見つけたものの、市販スプレーでは届きません。脚立に登って作業するのも怖いので、蜂の巣退治業者に相談しました。無理して作業していて脚立の上で蜂が攻撃してきたら、ひとたまりもありません。

スズメバチは獰猛なのでリスクが高い(30代/男性)

攻撃的なシーズンのスズメバチは凶暴で、刺されたら大変です。また、巣に近づくと攻撃してくる可能性が高いため、自分で対処するのは危険でしょう。万が一、スズメバチを庭で見かけた場合にはすぐ専門業者に相談して巣の場所の特定と対応を急ぎます。

自分で蜂の巣駆除できないと判断したら早急に業者に依頼

蜂は思いもよらない場所に突然巣を作るので、自分では対応が難しいケースも多々あります。凶暴な蜂が襲ってくると命に関わるリスクもあるため、専門業者に相談しましょう。  

TOPボタン