蜂の被害を避けるためには蜂の巣退治後の予防が大切

被害を未然に防ぐための対策~日本庭園の蜂対策~ 被害を未然に防ぐための対策~日本庭園の蜂対策~

蜂の巣退治後はしっかりと予防しましょう

蜂の巣退治した後の予防対策で、今後の被害を防止できます。旅館や料亭など不特定多数のお客さまが来る場所の日本庭園は特に被害が拡大しやすく、トラブルが起こると信頼低下に繋がるため、確実に実践しましょう。

料亭の日本庭園でもできる予防策

蜂が好む物を排除する(40代/男性)

蜂は甘い香りを好むので、花の香りのコロンやルームフレグランスを控えています。庭を見渡せる料亭などでは雰囲気作りのために個室に生け花を飾ることがありますが、蜂の被害を受けないとはいいきれません。また、庭に植えている果物の木や季節の花々など、四季を感じて風流なものですが、蜂を寄せ付けるリスクもあります。蜂は飲食物やお菓子の甘い香りにも蜂を寄せ付ける働きがあるため、お花見シーズンなどに庭園でお茶会などイベントを開く場合は気を付けましょう。

ハッカ油を利用する方法もあります(40代/女性)

ルームフレグランスに使うなら、蜂除け効果も期待できるハッカ油スプレーはいかがでしょうか。ハッカ油と精製水をブレンドしてスプレーボトルに入れておき、お客さまが来る前に障子近くにスプレーしましょう。香りが強過ぎるとお料理に影響するので調整する必要はありますが、ほのかに香るフレッシュアロマが心地良く、優雅な空間を演出できます。市販の蜂除けスプレーは健康被害が心配ですが、天然素材のハッカ油なら安心して活用できます。

蜂の活動時期は春から秋

作業員

活動時期の蜂は攻撃性が高まるため、蜂の巣退治は危険です。巣作りを始めた段階で対策すれば、活動時期の被害を予防できて、安心してお客さまをお迎えできます。そのため、冬を越した女王蜂が新しい巣作りを始める冬の終わりから梅雨の前あたりにかけて、駆除業者に相談しましょう。活動期に巣が見つかった場合も自分で何とかしようとしないで、なるべく早く相談します。お客さまが近づかないように周囲を囲うなど、応急処置も必要でしょう。

TOPボタン